うまめの競馬

競馬のあれこれ。主に予想。

ローズS 2015 予想

阪神 芝 1800m 牝馬 馬齢

 

秋のG1へ向けて。残念ながら阪神JF勝ち馬ショウナンアデラは回避してしまいましたが、面白いレースになることを願います。

 

さて、当然注目されるのは桜花賞組、オークス組ですが、他にも外せない馬が数頭います。

 

ミッキークイーンはかなり手堅いと思います。ここまで上がりタイムも優秀ですし、距離も1800mなら問題なくこなせるはず。逆に、焦点を次のレースに当てているからこそ、無理はさせないともいえますが、それでも勝てる馬だと思います。

レッツゴードンキはここ2走があまりに極端な結果ですが、やはりマイルくらいのほうがいいんでしょうか。陣営も1800を不安視しているようです。今回は開催第二週ということで、桜花賞のように内をロスなく回っていけば勝機は十分あると思います。ただ、桜花賞は出来すぎていたレース。逆に、後ろからとなると、ミッキークイーン、アンドリエッテに勝てるイメージがわかないので、展開ありきな気もします。

アンドリエッテは末脚こそ光るものの、上手く展開がはまらず、掲示板がやっとというのが現状です。今回良い内枠を引いたので、多少前目に競馬をしてくれれば面白いかなと思います。

クイーンズリングはこの距離が合っているかどうか。血統を見てみると、父マンハッタンカフェは中~距離ですが、母が短距離のダートなので、どちらかといえばスプリンター路線の方が良いかなと個人的に思います。ただ、このメンバーなら掲示板くらいは固いかと。

シングウィズジョイは先行してくれれば面白いと思います。開催二週目ということで、逃げ、先行馬に多少は有利に働くのではないでしょうか。

トーセンビクトリーは牡馬とのレースでも勝ち、勢い十分といったところです。6月から秋に向けて数回叩けたのも良い材料だと思います。言わずもがな良血統であり、桜花賞オークスに出ていませんが、出ていたら間違いなく上位の馬だと思います。不安なのが斤量が54kgと2kg増えることですが、十分良いレースをしてくれると思います。

ディープジュエリーはデビューから3戦3勝で距離も全て1800m、上がりも1,2位ということでクラシック組との対決が楽しみな馬です。この馬も春に間に合わず、出ていれば...という馬だと思います。

 

印を打つとすると、

 

◎ミッキークイーン

○トーセンビクトリー

▲アンドリエッテ

△ディープジュエリー

△レッツゴードンキ

△クイーンズリング

☆シングウィズジョイ

 

正直、ミッキークイーンが桜花賞オークス組に負けるとは思えません。頭で勝負しようかと思います。桜花賞オークス組以外では、トーセンビクトリーとディープジュエリー。勝ち目がありそうなのはこの2頭かなと。あとは、一発アンドリエッテですね。この馬も内枠で良い枠だけに、末脚を発揮できる位置に付けられるかがカギになりそうです。

馬券は現状ではミッキークイーンから流して馬単、裏目をトーセンビクトリー、アンドリエッテ、ディープジュエリーで買おうかなと思います。