うまめの競馬

競馬のあれこれ。主に予想。

2015夏競馬反省

競馬を始めたのが去年の秋ごろなので、初めての夏競馬でした。

牝馬が強いとか芦毛がとかいろいろな情報が頭の中を駆け巡りましたが、結局「夏競馬」とは何か分からず、あまり参考にならなかったかな...という感じでした。

むしろ、僕がこの夏で面白かったのは、馬柱から競馬を予想する楽しさを見出せたことです。今まで競馬場に行ってパドックまで見て買うのが僕の中での競馬でしたが、競馬新聞やネットの情報だけでも十分に競馬を楽しむことが出来たのが成長したかなと感じました。特に、この夏は今まで見てきた3歳馬が活躍してくれて、初めての万馬券や、人気薄からの流し、ワイドで数百円賭けなど、色々競馬場に行けない分試行錯誤をしていました。

 

万馬券を当てた関屋記念を振り返ると、ヤングマンパワーが絶対に来るだろうという確信(とまでは言いませんが)があったのは確実に馬柱から情報を引き出せたからだと思います。NHKマイルの好走、左回りの経験、斤量53kgで人気薄という条件が揃い、いつもだったらやっぱりこの馬もいいなという迷いがほとんどありませんでした。

 

同じく3歳馬のヤマカツエースが出走した札幌記念。こちらは距離が伸びること、斤量が53kgではなく54kg(函館記念よりも+1kg)だったこともあり、少々不安で、結果的に4着でした。やはりデータを見て迷いがあるときは上手くいかないものだと感じましたね...。

 

最終週の新潟記念も3歳馬でNHKマイル3着のミュゼスルタンに期待したのですが、今までの末脚はまったく見られませんでしたね。個人的には、距離が長いと考えているのと、骨折後しっかり休めたのかということが気になります。しかし距離は日本ダービーよりも短いことを考えると、やはり体調や気力の面な気がします。陣営はしっかり走れる状態で次のレースに臨ませてほしいです。

 

とまぁ色々書きましたがとても面白かったです。去年から競馬を見始めたので、3歳馬たちが出るレースはなんとなくその馬たちを軸にしてしまいがちですが、この子たちのおかげで楽しめたというのも大きいので、これからも応援していこうと思います。

 

秋競馬は中山、東京フル参加するつもりで楽しもうと思います!